当世侮陋愚気質

当世侮陋愚気質

明治10年代20年代に流行した「侮陋愚」(日記風書捨公開書簡)に携わった人々の生活と社会風俗を描いた侮陋愚文学の先駆的作品。著者は珍古淋太郎。当世流行の「侮陋愚」を通して、それに関係する人々の姿を、全編侮辱軽蔑で埋め尽くして書いたと著者当人は言っている。


関連項目:

近世ノ学理

珍古淋太郎