修行中

|

2006-05-25

んー 22:18

http://hubinippou.seesaa.net/article/18002285.html

6まで。

大作というか快作。こういうの書く人はまずいないもんなー。

じじい人格がやっぱり秀逸な感じで似合ってます。

とりあえずセカンドもしあるならロード・オブ・ザ・アサマシエイトとかかなw

tinkojitinkoji2006/05/25 22:25銀河ヒッチハイク・ガイドに憧れているので、そういうのを書きたいです。

santaro_ysantaro_y2006/05/27 06:15では銀河アサマシエイト・ガイドという方向で。いやどういう方向か分かりませんけども。

2006-05-12

『「いき」の構造』読了 02:48

おもろかったです。

解説にあった「異性への媚態」「江戸文化の意気地」「諦めと恬淡」といういきの三つの要素の中で異性への媚態ってのがピンとこなかったんですけど、なるほどなーと。

異性じゃないけどダウンタウン松本浜田の関係が昔からすごくいいなーと思ってて、であの感じって“いき”なのかなとか。あと「ツンデレ」ってのもデレを暗示するツンに留まるならかなり粋。とここに日本の文化継承を感じたりして・・・

あと最初にここで

http://defective.g.hatena.ne.jp/santaro_y/20060321#1142892173

九鬼って苗字、確か信長の野望武将でいた記憶があるなー。

と書いたんですけど当たってたみたいでびっくり。

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0689.html

周造の父は九鬼水軍の流れをくむ九鬼隆一で、近代日本の最初の文部官僚であって、最初の駐米特命全権公使だった。

そうそう確か水軍が強くて火矢が使えたんだったw

tinkojitinkoji2006/05/13 01:35媚態とは、シティーハンターにあって、ゴルゴ13にないものです。

santaro_ysantaro_y2006/05/13 02:47分かりやすいです。
めぞん一刻にあって、ゴルゴ13にはやっぱりないですね。

2006-04-27

排泄の件 15:59

えー俺も気付かなかったんですけども

http://d.hatena.ne.jp/./LEOat/20060424

こちらを読んで確認したところ芥川龍之介の「好色」のあれは好きでうんこがみたかったんじゃなくて嫌いになる為に(恋の病から醒める為に)あえて見てやろうとした、という話であります。決して平貞文さんは変態ではないということを平貞文さんの名誉の為にも言っておきたいです。

ただ香木だろうとは感じているとはいえ口に含んだりひたされてる水を飲んだりしてるのが凄く印象に残ってたのは確かです。そこにまったくそのつもりがなかったかどうかはアヤシイと思いますが推定無実だと思います。

|